社会不安障害かどうか診断するには人前に出るのが平気かどうか

社会不安障害について

中学・高校を卒業すると私たちは社会に出なければなりません。
いろいろな人と交流を持ち人脈を広げることでしょう。
ですが精神的な病を抱える人にとって、このような人との接触がストレスに感じる人も少なくないようです。
『社会不安障害』と聞くとあまり耳にしたことが無い人も多いかと思いますが、症状として『あまり交流が無い人との会話』、『人前で電話を取る、ご飯を食べる』、『受付で手続きを済ませる』など一例として挙げましたが他にもたくさんあります。
普通の人にとって当たり前のことが社会不安障害の人からするととても苦痛で私生活に支障をきたしてしまうのです。
自分を客観視し、注目を浴びることにより異常に不安や恐怖を覚えてしまうようです。

こころナビでは自分が適応障害ではないかなど自分の精神状態などをいくつかの診断を行うことで、症状チェックをすることが出来ます。
適応障害も精神病になりますが、うつ病のように気分の低下や抗鬱気分を伴うことが多く、一般的な人よりもストレスを感じやすくなります。
他にも不眠症や、拒食症の診断もありなかなか周りに打ち明けられない、けれど自分もそういった可能性があるかもしれない、という方にはこころナビを一度開いて頂きたいです。
症状チェックを行うことにより早期発見になりますし、一足早い段階から治療ができます。
社会不安障害や適応障害は通常の人よりも価値観のずれがある為、なかなか周りからの理解が得難いのが現状です。
独断と偏見で一歩距離を置かれることを恐れて自分から打ち明けるのもハードルが高く苦痛な人も少なくありません。

またこころナビでは診断など症状チェックだけではなく、その病気の原因や症状また治療方法なども説明してくれています。
治すことは決して楽ではありませんし周りのサポートも勿論必要です。
理解されがたい病気なのが現状ですが少しでも快適にまた楽しく、ストレスを感じることなく社会で過ごしていくにはまずは自分の病気と向き合うことが大切です。